スミスリンシャンプーは陰部にも大丈夫?

スミスリンシャンプーは本当に安全?

陰部(毛じらみ)への効果について

アタマジラミへの対処法としてよく名前が挙げられるのは、やはり、スミスリンシャンプーが多いのは事実だと思います。シラミを駆除できる薬用シャンプーとして、市販され使用することの出来る数少ない薬の一つだから仕方のないことかもしれません。

スミスリンシャンプーは、3~4日に1回の割合で2週間程使えば、髪の毛を剃ったり、ちまちまとシラミやその卵を取り除いたりすること無く、アタマジラミ症を完治させることができるのだとか。

また、普通にドラッグストアや薬局でも買えるため、入手するのもとても簡単だそうです。

しかし、薬用シャンプーということは、殺虫剤と言うこともできますよね。となると、アタマジラミの場合はともかく、毛じらみの場合は使えないかな、と個人的には予想しました。毛じらみの場合、患部が陰部というかなりデリケートな場所ですから、殺虫成分を含んだスミスリンシャンプーは刺激が強過ぎると思ったんです。

ただ、調べたところ、スミスリンシャンプーは毛じらみにも問題無く使えるということが分かりました。正確には、稀に敏感肌の人だと、肌がヒリヒリするなどの刺激感が生じる場合もあるそうですが、3~4日に1回というペースを守っていれば、大抵は大丈夫みたいです。

となると、スミスリンシャンプーはシラミ全般に使えると考えれば、一つでも持っておけばそれに越したことはないかもしれませんが、頭皮にしても陰部にしても、痒くてかきむしってしまい血がにじむような状態で使うのはやはり避けたいなと思うものです。

スミスリンシャンプーの使用上の注意点として、キンチョーの商品紹介ページには「使用に際して、目、耳、鼻、口、尿道、膣、肛門等に入らないように注意してください。」と書かれているので、やはり、陰部に使用するのも少し躊躇するものです。