スミスリンシャンプーの効果的な使い方

スミスリンシャンプーは本当に安全?

泡立てて放置する事で殺虫成分がシラミに浸透

髪や陰毛に寄生したシラミを駆除してくれる、スミスリンシャンプー。

アタマジラミの成虫と幼虫に作用して、身動きを取れなくする働きがあるので、動けなくなって吸血することもできなくなったアタマジラミは時間とともに死んでいきます。

また、シラミによる痒みの症状を根治することも可能だとか言われている情報も有るそうですが、この薬自体は、シラミを駆除する為の働きなのでそうした作用は、ないと思います。

そのため、従来のようにシラミやその卵が寄生した毛を剃ったり間引いたりしなくても良いことから、日本でもかなり高い人気を誇るのだとか。

しかし、スミスリン「シャンプー」という名前で勘違いをして、あまり効果的でない、言い換えるともったいない使い方をしている人も多いそうです。

そこで、スミスリンシャンプーの効果的な使い方を調べてみたところ、一番重要なのは、シャンプーで泡立てた後に放置することだと分かりました。

具体的には、シャンプーで髪や陰毛を泡立てたら、普通のシャンプーのようにすぐ洗い流すのではなく、5分程度そのままにしておくんですね。それによって、薬液が卵にまで浸透するため、高い駆除効果を期待できるのだとか。

また、1回では7割程しか卵を駆除できないため、3日に1回の頻度で2週間に渡り洗浄を続ける必要もあるそうです。ただし、スミスリンシャンプーを丸々1本使い切ったのに、未だ症状が治まらない場合は、薬液に免疫を持つ抵抗性のシラミである可能性が高いため、すぐに皮膚科を受診すべきとのことでした