毛じらみとは

スミスリンシャンプーは本当に安全?

感染後放っておくと陰部への色素沈着を起こす

毛じらみは、子供に多いアタマジラミとは異なり、陰部に感染する事が多いのですが、そのきっかけとなるのは、性交渉が大半のようです。
また、寄生されると激しいかゆみを伴う事も多くあります。

かゆみを自覚するようになるのは、感染後1ヶ月~2ヶ月程度とタイムラグがあるのですが、感染後から時間が経過している事で毛じらみの数が増えてかゆみを伴う割合が多くなるのが普通だと考えられます。

しかし、中には、数匹程度が寄生しているだけでも激しいかゆみを伴う事もある一方で全くかゆみを感じないケースもあるなどの個人差が生じます。

宿主を吸血した毛じらみは、血液から栄養を吸い取り枯渇したものをフンとして排出しますが、これが皮膚に残ったり、または、下着に付くことで黒い点の汚れが付着するようになります。

また、皮膚では咬まれたところからヘモジデリンというヘモグロビン由来の血を含む成分が浸透し、これが、色素沈着を引き起こす事があるようです。

一般的に陰毛から陰毛へ感染し、そこに寄生するというのが毛じらみの特徴ですが、肛門周辺や脇毛など、陰毛以外の部分へ感染する事もあり、また、中には、頭髪へ感染する事も稀にあるようです。

頭髪へ感染する毛じらみは、男性の場合は稀ですが、幼児や女性の場合は、感染する事があるようです。